私達の取り組み

コンプライアンス遵守について

岡野食品グループは、経営理念に基づき、お客様に喜ばれる、おいしい、安全安心な商品を提供するとともに、生産販売活動における企業倫理、
労働基準法他諸法令、環境問題への取組等、コンプライアンス遵守と社会の発展への貢献めざし、一人ひとりが積極的に取組み活動してまいります。

1.常に人権を尊重した行動をとり、国籍、人種、宗教、性別等いかなる差別も行いません。
2.憲法・労働基準法等諸法令に基づき、採用活動をし業務に従事させ、多様な人材が能力を発揮できる環境を整備し、安心して働ける職場づくりを行います。
3.企業としての適正利潤を追求するとともに、企業の社会的責任を自覚し、地域社会の発展に貢献します。
4.環境負荷軽減のため、事業活動において資源の再利用をはじめ、省エネ・リサイクル等、環境への配慮を忘れずに仕事を行います。
5.市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力との取引は、断固として排除いたします。
6.私たち、岡野食品グループの経営者、従業員は、企業活動を行うに当たり、法令を遵守するとともに、社会人としての自覚を持ち、
    経営理念の実現と社会への貢献につながる活動を行います。

行動規範

岡野食品グループは、2014年12月持株会社制に移行し、持株会社である「岡野食品ホールディングス株式会社」と
販売会社である「株式会社オカノベーカリー」、製造会社である「岡野食品産業株式会社」で構成されています。
岡野食品グループは、おいしく、安全安心な商品づくりと 来店されたお客様の笑顔があふれる店舗づくりを通じて社会に貢献するとともに、
法令・良識に従う企業行動を実践し、コンプライアンスを実現した経営を目指すため、以下の行動規範を定めています。

1.人権の尊重
• 人権はあらゆる場面で尊重されるべきものであることを自覚して行動いたします。
• 人権についての正しい知識を身に着け、国籍・人種・宗教・性別等いかなる差別も行いません。
2.安心して働ける職場づくり
• 労働基準法他労働諸法令に基づき、採用活動及び就業を行わせます。
• 法定使用可能年齢に達していない児童を採用いたしません。
• 労働基準法第5条の、不当な手段をもち、労働者の意思に反して労働を強制しません。
• 結社の自由に対する従業員の権利を尊重し、従業員が自らの意思で労働組合を結成する自由、及び集団で交渉する権利を尊重します。
• 多様な人材が能力を発揮できるように、安全と従業員の心身の健康を確保しまた労働災害を防ぐ取組を行い、安心な働きやすい職場づくりに努めます。
3.法令等の遵守
• 業務に関係する法令を収集し遵守いたします。
• 法令だけでなく良識をもった業務を遂行いたします。 お客様やお取引に対して、法令と一般常識を超えて利益供与しません、また受領いたしません。
4.お客様に喜ばれる商品・サービスの提供
• 安全安心な製品の提供を商品づくりの基本とし、お客様の立場に立ち、適正な価格と優れた品質で、価値ある商品とサービスを提供いたします。
• 安定した事業活動で適正な利潤追求を行い、来店されたお客様の笑顔あふれる店舗づくりで地域社会の発展に貢献いたします。
• 心のこもった挨拶と接客とともに、商品・サービスに関して正確で丁寧な情報をお伝えいたします。
5.自由な競争と公平公正な取引
• 意欲と競争力のあるお取引先に対しオープンに競争の機会を提供いたします。
   また、品質、価格、納期、技術開発力、経営状況等を総合的かつ公正に評価し調達先の選定を行います。
6.情報の適正な管理と活用
• 個人情報・顧客情報の漏えい防止を行い適切な管理をいたします。
• 知的財産の重要性を認識し、自社の知的財産を適切に管理するとともに、他社の知的財産を侵害しないように事業運営をいたします。
7.環境問題への対応
• 環境保全に関する基本方針に基づき、循環型の社会の形成をめざし、事業活動で環境へ配慮した活動をいたします。
• 省資源・省エネルギー等を励行し、環境負荷軽減に努めます。
• 原材料の購入先へも環境へ配慮した調達を明示し協力を依頼します。
8.社会貢献活動の実践
• 経営理念に基づき当社の事業活動を通じて社会に貢献するとともに、一人ひとりが社会人としての自覚をもって社会貢献活動を実践していきます。
• 地域活動への協力支援、行政・会議所と連携した地域振興活動、地元商材を活用した商品開発等 地域との連携を深め地元に貢献する活動を行います。

岡野食品グループ 環境保全に関する基本方針

基本方針

岡野食品グループは、環境問題に対する取組みとその継続した改善を、あらゆる事業活動において、
環境への配慮忘れずにその保全に努めることにより、 循環型社会の形成を目指した持続的発展が可能な社会づくりに貢献します。

1.生産活動における取組み
電気ガス等のエネルギー資源の低減、生産物の余剰・生産残の発生抑制及び適正な有効利用、リサイクル・リユースの推進等環境負荷の軽減に努めます。
2.販売・間接部門での取り組み
過剰包装の削減、省資源・省エネ等を励行し、環境負荷の軽減に努めます。また、お取引先と連携して、リサイクル・リユースの原材料づくりにも取組みます。
3.環境保全に関する法規制、行政の要求事項等コンプライアンス遵守に努めます。
4.省エネルギー削減目標を定め継続的な取組みを行うとともに、緑化活動・河川水路清掃への参加等、環境に配慮した活動を進めます。
5.この基本方針を社内に周知させ、環境保全の意識向上に努めます。

岡野食品グループ 調達基本方針

基本方針

岡野食品グループは、調達基本方針に基づき、以下のとおり調達活動を展開していきます。

1.公平・公正な取引
国内外から、意欲と競争力のあるお取引先に対しオープンに競争の機会を提供いたします。
また、品質、価格、納期、技術開発力、経営状況等を総合的かつ公正に評価し調達先の選定を行います。
2.お取引先との相互繁栄
お取引先を価値創造のパートナーと位置づけ、最適な品質・コスト・納期を確保し算定調達を実現することを通じて、
お取引先と信頼関係を構築し相互の競争力強化と繁栄を目指します。
3.法令の遵守と社会的要請への対応
関連法規を遵守いたします。また、社会的な要請にも応えるため、
特に、環境・人権・労働・安全衛生・情報管理、反社会的勢力との取引排除等に 十分配慮した調達活動を展開します。
また、 お取引は契約と良識に基づいて行い、優越的な地位の濫用となる行為は致しません。

お取引先へのお願い

岡野食品グループは事業活動を推進するうえで、以下のような項目に取り組みます。
つきましては、 お取引先におかれましても、以下の項目を推進されますよう、ご理解とご協力をお願い致します。

1.法令・社会規範の遵守
お取引先の事業領域において適用される関連法令、社会規範の遵守をお願い致します。
  • 関連法規等(各国・地域の商法、独禁法、下請法、貿易関連法、個人情報保護法、知的財産権法、環境関連法など)の遵守、徹底。
  • 不適切な利益供与(違法または契約外の利益供与、反社会的勢力との取引)の禁止。
  • 機密情報の不正取得・不正利用・漏洩の禁止。
2.人権・労働・安全衛生への配慮
お取引先および協力先の事業活動において、お取引先の従業員の基本的人権、労働環境および安全衛生への配慮をお願い致します。
3.QCDの確保
当グループが求める高い品質と安全性を備えた資材・サービスを、安定的に確保・供給できる生産体制および危機管理体制を整備し、タイムリーな供給をお願いします。
4.競争力の強化
競争力強化のための課題や目標を共有したうえで、最適な材料・技術・工法等の情報提供、ならびにVEやコスト低減に係る積極的なご提案をお願いします。
5.環境への配慮
環境に関連する規制を遵守するようにお願いします。また、社会情勢や社会的な要請に留意し、環境負荷を低減するような活動への積極的な取り組みをお願いします。
6.情報の開示
継続的な取引を行うために、お取引先の経営方針・経営体制の情報や、社会に公表すべき情報 (環境や社会への影響等)について、
企業秘密に抵触しない範囲内で開示をお願いします。